あまりの出来事だったため、自分の中に貯めておくことができなかったんです。
それで、翌日キャンパスに行った時、朝一で親友のSに昨日の出来事を話てみたのです。
コーヒーショップのカップコーヒーを飲みながら、多くの話を聞いていて、なにか心当たりがあるといった表情を浮かべていました。
「出会い系アプリ、それ無料のやつだよな」
「ぎゃるるっていうアプリで無料で使ったよ」
ははんといった顔つきになって「まんまと業者に騙されたってパターンだな(笑)」と言ってきたのです。
「業者ってなに?何の業者なの?配達とかそういうやつ?」
「セックスに配達なんか関係ねえだろ(笑)。
この世界にはさ、風俗業者とかいるだろう、そういうやつだよ」
「風俗業者?素人じゃないって事?」
だって出会いアプリを使って知り合った相手なんですから、何で風俗とか言う名前が出てくるのって感じでした。
あれは絶対素人だと思ってたし、業者なんて言う考えはこれっぽっちも持つことができなかったのです。
「援デリとか言う業者がいてさ、違法だったりもするんだけど、そういうのが無料のサービスで客を集めて女を派遣しているってタイプだな。
確実に2万円を取られるし、相手は反応しないし、30分で終わるのも顕著な例だよ」
「そ、そーだったのか」
風俗の業者が入り込んで女を派遣している、何だかその言葉で納得したような気がしました。

「プロフ写メは奇麗だったろう」
「橋本奈々未だった」
「それはネットで拾った画像だな」
こうやって風俗業者は客引きをしながら、女を派遣して儲けを出しているようでした。
そんな存在はちっとも知らなくて、まんまと騙されてしまった格好になったようです。
「素人とただまんしたいなら、無料アプリは止めておきな」
何やら、この手の世界には詳しくな表情を浮かべながら話してきました。